So-net無料ブログ作成
検索選択

消費税95%ルールの5億円基準の適用が始まります [お仕事]

この時期は平成25年度の税制改正に目が行きがちですが、平成23年度の税制改正のうち今年の3月決算法人から、いわゆる消費税95%ルールの5億円基準が適用されます。

(いわゆる消費税95%ルールとは)

非課税売上に対応する仕入れについては、仕入税額控除が認められないのが原則ですが、売上げのほとんど(95%以上)が課税売上げの場合は、全ての仕入れについて仕入税額控除が認められます。

(消費税95%ルールの5億円基準とは)

平成24年4月1日以後に開始する事業年度(今年の3月決算法人)から、その事業年度の課税売上高が5億円を超える事業者は、その5億円を超える事業年度の仕入税額控除の計算上95%ルールを適用することができなくなりました。

ここで注意すべき点は、課税売上高が5億円を超えた正にその事業年度で95%ルールが適用できなくなるということです。

また、過去に簡易課税制度が創設当初は基準期間の課税売上高が5億円を超えた場合に適用できなくなる制度でしたが、その後の改正で5億円が2億円となり、現在では5千万円を超えた場合には適用できなくなる制度となっています。

つまり、95%ルールの5億円基準も簡易課税制度と同じ道を辿る可能性が高く、今後の改正でその金額が引き下げられるものと予想されます。

[喫茶店]

さらに経営者には頭の痛い話しですが、消費税率が来年4月から8%に引き上げられ、再来年4月には10%に引き上げられる予定です。

税金に関する御相談はこちらへ[mail to]


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。