So-net無料ブログ作成
検索選択
スキルアップ ブログトップ
前の10件 | -

成年後見人等養成研修 [スキルアップ]

最近、千葉県税理士会主催の成年後見人等養成研修を受講してきました。

この成年後見人等養成研修とは、平成12年4月からスタートした成年後見制度において、現在不足しがちな成年後見人等の担い手を養成するための研修で、税理士会が主催するものです。

ところで、なぜ税理士会が成年後見制度ができて10年以上も経ってから、この制度に対する支援を始めたのでしょうか? それはこの制度が法整備に対して、あまりにも民間に依存する制度であり、かつ、支援する民間団体にとってはリスクだけが大きく、法整備以外には国からの支援が乏しい制度だったからと思われます。

そんな経緯もありましたが、ようやく税理士会でも本格的に成年後見制度を支援する体制が整いつつあり、その一貫として、税理士会員の中からも成年後見人等を養成すべく研修を開始することとなりました。

研修は10月20日、11月10日、11月14日の3日間にわたって行われ、研修時間は延べ18時間にもなり、その研修内容は下記の通りです。

初日 

1.千葉県税理士会と成年後見制度との関わり 60分

2.賠償責任保険説明 30分

3.成年後見制度概論 30分

4.憲法 90分

5.民法 90分

2日目

6.成年後見と身上監護、関連福祉制度等 90分

7.税理士と成年後見 90分

8.被後見人に対する理解 90分

9.法定後見の実務 75分

3日目

9.法定後見の実務 30分

10.任意後見の実務 90分

11.成年後見監督人の実務 70分

12.成年後見制度の倫理 100分

13.成年後見の実務と課題 70分

この研修を経て、晴れて税理士会の「成年後見人等養成研修履修者名簿」に登載され、かつ、成年後見賠償責任保険に加入して始めて、家庭裁判所に提出する「成年後見人等推薦者名簿」に登載されることとなります。

私が推薦者名簿に登載されるまでは、まだ暫く掛かりますが、中高生に対する租税教育ともども、少しでも地域に貢献できるよう、いずれこの制度に成年後見人等として関わっていく覚悟です。


コメント(0) 

AFP認定研修終了証明書 [スキルアップ]

先月10月末に提出した提案書が無事合格し、AFP認定研修終了証明書が送られてきました。

送付案内状によると、これから日本FP協会より「AFP資格認定登録申請書類」が送付され、その指示に従い期日までにAFP登録を行って下さい。と書いてありました。

たぶん登録費用として入会金10,000円と年会費12,000円が掛かります。

今年は出費が多いわ [あせあせ(飛び散る汗)]

それから昨日今日は、溜まっていた不動産講義のDVDを2コマ視聴しました。

今回学んだ論点では、都市計画法や建築基準法など初めて学習するものあり、資産税を扱ううえで良いことを学ばせて頂きました。

これで残る講義もあと不動産と相続・事業承継のDVD4本のみとなりました。

PS:先週の金曜日は、地元スーパーの特設ブースで「税の無料相談」を行っていました。

相談者にしてみると特設ブース内にいる税理士に声を掛けにくいようなので、午後からはブースから出て前を通行する人に挨拶したり声を掛けるようにしていました。

とうことで「税の無料相談」は盛況のうちに終了。(笑)


コメント(2) 

不動産 [スキルアップ]

FP講座も提案書作成が終わって、あと残る講義も不動産と相続・事業承継のみとなり、今週からは不動産講義の視聴を開始しました。

不動産テキストのCONTENTS

第1章 不動産の類型・価格

第2章 不動産に関する調査

第3章 不動産の取引

第4章 都市計画法

第5章 建築基準法

第6章 不動産の取得と税金

第7章 不動産の保有と税金

第8章 不動産の譲渡と税金

第9章 不動産の賃貸と税金

第10章 不動産投資

第11章 不動産有効活用と事業方式

第12章 その他の法令上の規制

不動産は相続税法でも重要なところで馴染みがあったので、それなりに理解は出来たと思います。

それでもやる気が出ないのは、10月の提案書作成で燃え尽きたせいかも知れません。

[バー]

話は変わって、先日、千葉県税理士会から登録時研修のお知らせが来ました。

日程は12月6~8日の3日間と年末の忙しい時期ですが出席する予定です。


コメント(0) 

提案書作成 [スキルアップ]

最近、雨の日が続いていますね。

私、雨の日に外出するのが嫌いです。 

だから、今日は一日中ホットカーペットの上でゴロゴロしていました。

ところでDVD講座っていいですね~

教室受講と違ってPCさえ有ればどこでも視聴できるし

今日はホットカーペットの上に温々しながらFP講座リスク管理3、4をのんびりと受講していました。

さて、7月から始めたFP講座も、あと提案書作成と不動産を残すのみとなりました。

このFP講座では金融商品や保険商品など、一度はきちんと勉強するつもりだった周辺知識を学ぶことが出来ました。

これから受講する「不動産」の講義についても楽しみです。 ♪

その前に明日は、提案書作成講義を教室受講するためTAC八重洲校に行ってきます。

FP講座が終わると、次は◯◯◯試験に挑戦しようと考えているのですが、まだ考えている段階なので、こちらの方は実際に講座を申し込んだら報告しますネ。

今日の一言:まだまだ勉強するお


コメント(2) 

リスク管理 [スキルアップ]

今日はFP講座リスク管理の1講義目をDVD受講しました。

視聴前は何の講義かドキドキしてましたが、なぁ~んだ保険商品についてじゃないか

保険商品についてなら、相続税法を受験していたからたっぷり勉強したし

法人税、所得税の実務を行うえで、知らなければ処理できないところでもあります。

講義を受けた感じでは7割方は既に知っている知識かな

以下、リスク管理で学習する項目

1.リスクマネジメント

2.生命保険の仕組み

3.生命保険の種類と商品

4.第三分野の保険

5.隣接業界

6.約款の基礎知識

7.生命保険と税金

8.損害保険の仕組み

9.損害保険の種類と商品

10.損害保険と税金

11.保険制度

ねっ 相続税法受験生なら2、3、7、8、9、10は知っているでしょう。

えっ、相続税法受験生だけどよく判らないって? それは勉強不足です。

それと税理士という職業は保険会社と繋がりがある職業なので、保険商品のみならず保険会社についても十分に理解をする必要があります。 

さて、来週は「提案書の作成」講義をTAC八重洲校で教室受講します。という訳で久々の高速バスでの東京行きとなります。


コメント(0) 

ライフプランニングと資金計画 [スキルアップ]

FP講座も受講開始してから、そろそろ1月が経ちます。

今のところ4講義を済ませ、次回発送日の9月14日までに残り2講義という状態です。

現在、受講しているのは「ライフプランニングと資金計画」

受講した感じでは、広く浅く知識を吸収することばかりで、指数とか係数みたいなものがやたら出てきます。

終価係数、現価係数、年金終価係数、減債基金係数、年金現価係数、資本回収係数 → 初めて聞くものばかりだし

自己資本率とか流動比率などの経営分析に関する比率なら判りますけど

先週は第5章社会保険社労士エリアに入ったところです。

大雑把にやっている割に、このエリアでは覚えなきゃいけないことが多すぎ…

それでも使ったことがある制度が幾つかあったりして結構面白かったかも

今週は第6章公的年金とここも複雑な制度ですね。

親父が亡くなったときに行った、母の遺族年金受給手続きの苦労が蘇ってきました。

~ 今更気づいたこと ~ 

税理士特例講座にはタックスプランニングが無いのね。。

私、税理士試験で所得を受講していませんが[たらーっ(汗)]

来年辺り、所得の初学者一発コースでも受講しよっかな(^_^)v

 


コメント(6) 

FP講座受講開始 [スキルアップ]

先週TACで申し込んだFP講座教材が届きました。

すんごい量のテキスト類にかる~く引きました。 

まだ1週間にどれくらい勉強すれば良いかすら判らないので、早速ガイダンス読んでみます。

FP教材.jpg買ったばかりのパソコン

パソコン手前に並べているのが今回発走教材で、横の本棚に平積みされている本は今月読んだ本です。

11月まで適度に頑張りますわ。


コメント(2) 

事業・資金書類講座⑥ [スキルアップ]

今日4月4日は、事業・資金書類講座の6回目をweb受講しました。

第6回目の講義内容(P216~P261+板書5枚)

1.日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)からの融資(2)

ここでは「新創業融資制度」について、概ね制度の内容、融資の条件、審査の方法など、申し込みのタイミングから実際に融資を受けるまでの説明をしています。

2.その他の資金調達

(1)出資による資金調達(共同経営者、親兄弟、友人、関連事業者、取引先、投資家などのケースごとに説明)

(2)エンジェル税制の活用(制度の内容の説明)

(3)助成金の活用(地方公共団体や厚生労働省など公的な機関から助成金を受けられるケース)

受講開始からゆっくりとしたペースで進めてきましたが、この講座も今回の講義で全6回が終了しました。

今後、受講予定の実務講座は幾つかありますが、次はAFP資格の講座に進もうかなと考えており、これについては、まだ先の話なので実際に申し込んだら報告することとします。

[end]


コメント(0) 

事業・資金書類講座⑤ [スキルアップ]

昨日3月28日は、事業・資金書類講座の5回目をweb受講しました。

第5回目の講義内容(P174~P215+板書7枚)

1.資金繰り計画書作成の実践

資金繰り計画書とは、独立開業後の資金繰りを検証するものであり、融資のためだけでなく、自分の事業計画のために重要なもの

その考え方は、毎月のお金の動きのみに着目し、収支計画書の項目を現金の動きに落とし込むことにより、事業の運転資金が正常に循環するかシミュレーションする。

次に具体的な作成手順の解説を行っていますが、ここでの説明は省略します。 

2.日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)からの融資(1)

1~2回目の講義で話していたことと一緒なので、ここでの説明は省略します。

さて、事業・資金書類講座もあとラスト1回を残すのみとなりました。

こうご期待! → 誰も期待してないって


コメント(2) 

事業・資金書類講座④ [スキルアップ]

報告が遅れましたが3月20日に事業・資金書類講座の4回目をweb受講しました。

第4回目の講義内容(P146~P173+板書7枚)

収支計画書作成の実践

収支計画書とは、独立開業後の損益計算書の見積もりであり、自分の事業が将来発展すること、そして融資を受けた資金が返済可能であることをアピールするもの

まず、収支計画書作成の考え方として、損益計算書とは似て非なるもので、作成に当たっては予想利益から逆算して作成するものであこと

次に具体的作成手順として、年ベースでの売上・売上原価と販管費の設定を行い、それを月別に振り分けます。この場合の落とし込む数値は、達成可能と思わせる数値なければならず、それなりの根拠を示す必要があること、最後に税金(大まかでも良い)を入れて完成です。

具体的作成手順では、作成のコツや講師の経験談も踏まえての解説を行っていたので、今回の講義はかなり踏み込んだ内容となっています。

ここら辺は、以前仕事で損益予測とか資金繰表などの作成経験があるから、自分と何が違うか興味がありましたが大筋一緒でした。

これから事業・資金書類講座の5回目をweb受講します


コメント(0) 
前の10件 | - スキルアップ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。